2012年04月15日

弓道


まったりとした日曜日を過ごしています。

午前中は三女の弓道の小物(消耗品)を買いに、弓具店へ行きましたが、明日からは土曜日まで6日連勤となるため、午後からはのんびりと過ごすつもりです・・・ 


きょうは、私の自作の弓立てを紹介します。

子供たちが各地の大会に参加した際、控え場所となるところには弓を立てておける場所が無いことが多々あります。体育館などが控え場所だった場合、弓を壁に立てかけていますが、少しの振動で雪崩のように一斉に倒れる右斜め下光景を良く見てきました。

長女が中学3年になった4月(溯ること4年前)に折りたたみ式で、持ち運びしやすい弓立てを作りました。
それを『弓場くん1号』と勝手に名づけ、その年の5月連休に鹿児島県隼人町で開催された「鹿児島神宮奉納弓道大会」でお披露目しました。

知覧11.JPG
(大会と写真は異なりますが、『弓場くん1号』を実際に使用している様子です。この写真の大会時の控え場所は見ての通り、屋外でした。弓立てが役立っています。)

この弓立は自宅で保管し、各地の大会の際に持って行き、使って貰いました。次女の時も使用し、次女の卒部の際、中学校に寄付しました。
(最近、三女の大会に行きますが、使われてはいないみたいですたらーっ(汗)



その後、長女が高校2年の春(溯ること2年前)に『2号』制作を思い立ち、ひらめき作りました。
長女の高校の大会参加時に私が車(セダン)運び、使って貰いました。

その『弓場くん2号』です。
CIMG0039.JPG

折りたたんだ状態。
CIMG0040.JPG

ここから立ち上げていきます。
CIMG0042.JPG
一番下を起こし、固定します。


CIMG0044.JPG
二段目を固定します。


CIMG0045.JPG
三段目を起こし、弓立ての形になりました。

このままでは不安定なので・・・

CIMG0046.JPG
四隅に補強を入れて完成ですexclamation×2


CIMG0048.JPG
キャスター付きですので、弓を立ててからも容易に移動することが出来ます。


CIMG0047.JPG
弓は片側に16本、両面で32本立てられます。
弓が上手く交差するように交互に切り口をとっています手(チョキ)
大概のチームの弓は十分に立てられますぴかぴか(新しい)


趣味で作った折りたたみ式の弓立て、今は出番ありませんが、そのうちに陽の目を見る時があると思い、大事に保管しています手(パー)


自己満足の世界の話題でした・・・・・・・手(パー)






























posted by からいも100%(ずるっカイモ) at 13:57| 鹿児島 | Comment(1) | 弓道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
今度、後輩へのプレゼントで弓立てを作ろうと思うのですが、作り方と設計図を教えてくれませんか?
Posted by 弓道好き at 2016年03月12日 11:03
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。